半蔵門|美容室(美容院)STELLAR>ヘッドスパ>髪のプロが教える!パサパサの髪を改善させる5つの方法

髪のプロが教える!パサパサの髪を改善させる5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
髪のプロが教える!パサパサの髪を改善させる5つの方法

ブローしても髪の毛がまとまらない・・・


洗い流さないトリートメントを使っても時間がたつとすぐにパサパサになってしまう・・・


髪の毛のパサつきや広がりって気になりますよね。

30代や40代など髪質が変化する年代に差し掛かると特に気になってくるもの。

自分のお客様でも、この髪のパサつきに関して悩みを持っている方はたくさんいらっしゃいます。


そこで今回は、そうなってしまう原因と解決法、髪の毛がパサパサにならない予防法をお伝えしていくことにしましょう。


髪の毛がパサパサになってしまう原因は?


①乾燥による髪の毛内部の水分不足

髪の毛もお肌と同じで、水分が無くなってくるとパサパサの質感になってしまいます。


また、髪の毛自体も軽くなってしまい、静電気が起きる原因にもなります。

ひとつの目安として、静電気が起きて髪の毛が広がってしまったらかなりの乾燥状態と言えます。


水分で潤った髪の毛は中身が詰まっていて、プルプルになっている状態。

髪の毛の水分が出ていかないように水分補充とキューティクルケアが必要です。


②カラーリングやパーマの繰り返しによるダメージ

カラーリングやパーマを繰り返しかけていると、キューティクルの剥がれや髪の毛内部のたんぱく質の流出などにより、髪の毛がパサパサになってしまいます。


毛先にはダメージの少ない微酸性系のカラー剤や、マニキュアで施術する、施術中に過度な熱を与えない等、ダメージを最小限に抑えることも必要です。


③加齢による髪の毛内部の変化

髪の毛の元を作る工場のようなところが毛根の付近にあるのですが、
加齢と共にその元を作る能力が減っていきます。


そうなると、髪の毛内部のたんぱく質の質の低下、量の減少等により髪の毛がパサパサになっていきます。


それを最小限に抑えるためにも早いうちから毛根・髪の毛の元を作る工場にアプローチする頭皮用の美容液や育毛剤を使ってパサパサになるのを防ぎましょう。


パサパサになってしまった髪の毛を改善させる5つの方法


      


では、パサパサになってしまった髪の毛はどうすればいいのか?


今からでもできる5つの方法を紹介したいと思います。


①シャンプーを変える

洗浄力の強いシャンプーを使っていませんか?

このようなシャンプーはスッキリと洗い上げてはくれますが、本来必要な油分・水分まで取ってしまう可能性があります。

保湿タイプや、カラーヘア用・パーマヘア用などの髪の毛の状態にあったシャンプーを使うことをおススメします。


②ヘッドスパによる頭皮ケア

ヘッドスパはマッサージをして気持ちいいだけではなく、頭皮環境を整えることで、次に生えてくる髪の毛を丈夫に健康にしてくれる役割もあります。


上で書いた、髪の毛を作る工場を元気にして綺麗な髪の毛が生えてくる土台を作る様な感覚です。


まずは月に一回、半年くらいを目安にヘッドスパで頭皮ケアをすることをおススメします。


③水分たっぷりのトリートメント


パサパサになってしまった髪の毛は、油分でしっとりさせるトリートメントよりも髪の芯からしっかりと栄養と水分を補給してくれるトリートメントがお勧めです。


髪の毛の表面のコーティングだけではなく、内側の水分とキューティクルの間の栄養補給も重要です。


④ドライヤー前後の洗い流さないトリートメント

ドライヤーの前は内側に水分を補給するような化粧水タイプのトリートメントをつけ、ドライヤーの後はオイルタイプのトリートメントで表面を保護します。


この時に注意してもらいたいのが、オイルタイプのトリートメントは毛先のみにつけるです。


根元につけてしまうとベタベタになっしまいます。


毛先のパサパサが気になるところだけつけましょう。


⑤毛先のトリミング


一般的に女性の髪の毛が生えてきて抜け落ちるまでのサイクルは5年~7年と言われています。髪の毛が長ければ長いほど、毛先はダメージが蓄積されています。


数ミリのカットでも毛先の収まりは良くなりパサパサ感は無くなります。


髪の毛がパサパサになる前にやっておくべきヘアケア・頭皮ケア


     


髪の毛がパサパサになる前に、綺麗な状態をキープできれば一番いいですよね。


ここではパサパサになる前のやっておきべきヘアケアと頭皮ケアについてお伝えしたいと思います。


①定期的なヘッドスパ

毛根は毛細血管と繋がっています。頭皮の血行が良いと毛根に栄養が行きやすくなり結果的に生えてくる髪の毛が健康な状態になります。


ヘッドスパでは毛穴のクレンジングと頭皮用美容液をつかってのマッサージで頭皮環境を整えます。


頭皮も肌のターンオーバーのサイクルと同じで28日周期(一か月)くらいでのケアが理想的です。すぐには効果が出にくいのですが、3,4回と続けていくうちに効果は実感できると思います。


更に、頭皮は顔の肌とも繋がっているので、頭皮のマッサージをすることで顔のリフトアップ効果も期待できます。


②シャンプー後の乾かし方・ドライヤーの当て方

髪の毛の乾かしすぎはパサパサになる一つの原因になります。


ドライヤーも髪の毛に近づけすぎないようにしましょう。ドライヤーの風が出てくるところは80~90℃近くと高温になっているため、注意が必要です。


また、毛先がパサパサにならないように、頭皮と髪の毛の根元を中心に乾かし、毛先は全体が8割くらい乾いてから乾かし始めましょう。


自然乾燥もパサパサの原因となります。


濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態です。そのままにしておくと髪の毛内部の水分はどんどん抜けていきます。


キューティクルは熱を与えると締まる性質があるので、濡れたまま放置せずになるべく早く乾かしましょう。


さらに、温風を当てた後に冷風を当てるとキューティクルがさらに締まり、髪の毛に艶が出ます。


③頭皮に水分と栄養を入れる

サロンでのヘッドスパに加え、自宅でのケアも重要です。


乾燥した頭皮では髪の毛も綺麗に生えてこず、パサパサの原因となり得ます。頭皮用の化粧水でしっかりと水分を補いましょう。


頭皮用の美容液も同時に使ってあげるとさらに効果は高まります。


いかがでしたか?


パサパサな髪の毛になってしまう前にしっかりとケアを行うことで、パサパサになる事はだいぶ防げると思います。


サロンでの定期的なヘッドスパと自宅でのケアで綺麗な髪の毛をキープしましょう!


【ステラに初めてご来店の方】全てのメニュー15%OFF
エステシモ ダメージレススパ

相馬 哲史

相馬 哲史

Written by:

ボブスタイルはお任せください!

確かなカット技術で、洗練されたヘアースタイルを提案します。髪の毛一本一本の切り口までも考え、髪の質感をコントロールします。

計算されたカットラインとフォルムコントロールで作られたヘアースタイルは多くのお客様の支持を頂いております。

また、カラーリストの経験も生かし、似合うヘアカラーの提案もできます。

 

いつものライフスタイルがより良いものになるようなヘアースタイル作りを心がけています。

 

インスタもやってます!ほぼ毎日更新中☆

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 soma.hair

 

↓スケジュールの確認はこちらからお願いします↓

相馬SCHEDULE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

相馬 哲史は、こんな記事も書いています。

  • 相馬出勤スケジュール

    相馬出勤スケジュール

  • 髪のプロが教える!パサパサの髪を改善させる5つの方法

    髪のプロが教える!パサパサの髪を改善させる5つの方法

新着ヘアスタイル

  • ふわミディアムボブ

    ボブスタイルふわミディアムボブ
    イエローベージュ系のカラーリングで赤みを消して柔らかく見せるのがポイント。
  • 外国人風アッシュミディ

    ミディアムスタイル外国人風アッシュミディ
    伸ばしかけのミディアムスタイルは、カラーで遊ぶと◎。毛先にかけてグラデーションをいれ、表面に...
  • ふんわりショートボブ

    ショートスタイルふんわりショートボブ
    首回りがスッキリして見えるショートボブは、ストレートでもかわいいけど毛先にパーマなどでカー...
  • うるふわカールロング

    ロングスタイルうるふわカールロング
    胸下のロングはデジタルパーマがおすすめ。簡単に一本で結んでもかんたんに可愛くなれちゃいます☆

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス